貞松・浜田バレエ団/バレエ学校 貞松・浜田バレエ団/バレエ学校
 







子供バレエ教室


その他SHB情報はこちら




最新情報
     
   
 

●バレエコンクール 結果(H30.10.17更新)

○10月7日、8日 びわ湖洋舞コンクールinもりやま

クラシック高校生・シニア部門 第9位 水速飛鳥

フリー部門 第1位 竹中優花
      第4位 水速飛鳥

受賞しました。

 
 

●神戸龍谷中学・高等学校公演(H30.10.12 更新)

10月4日 神戸文化大ホールにて行われました。

バレエ団の高校公演プログラムに加えて、龍谷高校を卒業したバレエ団員 井上ひなた、シャンティ紀奈が「眠れる森の美女」よりパ・ド・ドゥ・ヴァリアシオン・コーダを披露しました。

今年1月に卒業したばかりの2人は、在校生へ向けて心のこもったメッセージを伝える場面もあり、とても盛大な公演となりました。

龍谷中学・高等学校の先生方、生徒の皆様、あたたかい励ましの拍手をありがとうございました。

 
   
 

●「白鳥の湖」全幕(H30.9.29更新)

2018 年 9 月 23 日あましんアルカイックホール
『白鳥の湖』全幕公演 無事終了しました。

白鳥オデット姫と王子ジークフリートの永遠の愛をテーマに、
江原功氏指揮、びわ湖の風オーケストラのドラマティックな演奏、
そしていつも陰で強力に支えて下さるスタッフの皆様の情熱とともに終演できましたこと、
感謝の気持ちでいっぱいです。

沢山のお客様にご来場頂き、あたたかい拍手をたくさん、
本当にありがとうございました。

 
 

 
 


●アーティスティックバレエガラ(H30.8.27更新)

8月12日、NHK大阪ホールにて、今年第3回を迎える
「アーティスティックバレエガラ」
主催:一般財団法人Ballet Office Japan
が開催されました。


世界で活躍するダンサーを紹介するこのガラに、
去年に引き続き日本で活躍するダンサーの代表として
当バレエ団の瀬島五月、アンドリューエルフィンストンが出演し、漆原宏樹振付「タチアナとオネーギン」、「ジゼル」第2幕のパドドゥを踊りました。


「アーティスティックバレエガラ」の名の通り
芸術的で品格あるこのガラにおいて、その名にふさわしい踊りを披露しました事をご報告致します。


また、学園生よりオーディションで選抜されました
水速飛鳥がこの公演にコールドバレエとして参加し、
世界のダンサーたちから沢山の事を学ばせていただきました!


本当にありがとうございました!

 

 
 


●バレエコンクール 結果(H30.9.13更新)


○全国バレエコンクールin  Nagoya

 男子ジュニアB部門 第1位 深水明日来

 
 


〇NBAジュニアバレエコンクール大阪 2018

 シニアの部 第1位 山野井萌

 高校2年生部門 第1位 山本小海



 シニアの部 3位-3  田中里奈 


 高校1年生の部 2位-2 深水明日来
         3位-1  貞松愛香
         3位-2  水速飛鳥
         5位-2  小澤日向花
         6位-1   山中友愛


 中学2年生の部 5位-1  松山遥月
         5位-3  中山和馨
         6位-6  高田綾乃



 
 

〇第111回 NAMUE バレエコンクール 京都
   高校の部   第2位  山本 小海  (写真上段)


〇Japan Ballet Competition 京都2018
   高校1・2年部門 第4位 清野 早紀  (写真下段)

 

 
 

○ザ・バレコン大阪
   YL&YM部 第1位受賞 小森慶介(写真1列目)

バレコン大阪の決戦出場者の集合写真。後列6人が当バレエ団学園生、右端は昨年1位でエキジビションに出場した深水くん。


○PBK 京都バレエコンクール
   中学生部門 第1位 受賞
     薄井憲二賞 受賞 小西 エリスカレロ(写真3列目左)


○第 7 回 エヴァ・エフドキモワ記念エデュケーショナルバレエコンペティショ ン・プレパラトリー
        第4位 受賞 井上 ひなた(写真3列目右)


ありがとうございました。
 
 

●平成29年度 芸術文化団体 半どんの会 文化賞に堤悠輔が受賞(H30.7.29)

当バレエ団の総監督・堤悠輔が平成29年度第65回芸術文化団体半どんの会の文化賞を受賞させていただきました。
7月22日(日)12:00より生田神社の生田会館で文化賞贈呈式・交流会が催され、兵庫県、神戸市、文化人の方々約200名の方々がご出席になられ厳粛に盛大に催されました。受賞理由は「貞松・浜田バレエ団が「創作リサイタル29」で「芸術祭優秀賞」を受賞した際に、ダンサーとしても秀逸な堤悠輔のプロデュースを評価したい」という事で受賞いたしました。
皆様に心より感謝申し上げます。

 
 

●バレエ月刊誌 クララ(H30.6.13)

2年間にわたり、バレエ月刊誌クララの「バレエのなやみ SOS」の回答者として参加させていただいておりました、上村未香が7月号のクララで一応2年間の務めを終える事になりました。

ご購読いただきました皆様、ありがとうございました。
 
 

●平成30年度 文化芸術による子供の育成事業
〜文化庁巡回公演事業(H30.6.11)


今年も始まりました。
6月4日(月)〜28日(木)まで 13校、中国地方(鳥取、島根、岡山、広島、山口県)にて、小学校10校、中学校3校で公演中です。

各学校の生徒の皆さんとの共演もあり、皆さまに楽しんでご覧頂けますよう、バレエ団一同、精いっぱい踊ります。
 
 

●掲載情報「わが心の自叙伝」(H30.6.1)

当バレエ団・学園代表の貞松 融が、神戸新聞に「わが心の自叙伝」を26回にわたり掲載させていただくことになりました。

すでに第1回は5月27日(日)に始まっておりますが、毎週日曜日の朝刊に文化面で1200字で紹介されます。第1回は、幼稚園時代から始まりましたが、86歳までの日々を振り返って執筆させていただいております。

興味のある方は、是非お読みいただけたらと存じます。

 
 

●こうべ全国洋舞コンクール(H30.5.11)

クラシックバレエ 女性シニア部門
第1位(兵庫県知事賞) 名村 空(写真上)

クラシックバレエ 男性ジュニア1部 
第3位  秋山 天彦(写真下)


クラシックバレエ 男性シニア部門 奨励賞 後藤 俊星

クラシックバレエ 男性ジュニア1部 奨励賞 切通 理夢

モダンダンス シニア部門 奨励賞 大門 智

モダンダンス ジュニア1部 奨励賞 和田 匠平

その他

女性シニア部門 9名、女性ジュニア1部 3名、
女性ジュニア2部 1名、モダンダンス シニア部門 1名、

が入選という素晴らしい結果をいただきました。

これからこの結果を次の成長に向けて生かしていけます様、
努力いたします。

皆様、ありがとうございました。

 
 

●プリマヴェラ 〜春(H30.4.7)

4月7日(土)兵庫県立芸術文化センター中ホールにてほぼ満席に近いたくさんのお客様にご来場いただき、無事終えることができました。
本当にありがとうございました。
2年に1度のこの公演は、全幕公演とはまた違ったバレエの魅力、楽しさ、更に団員の個性が光るプログラムとなっており、本番へ向けてそれぞれが作品を理解し、深めながらリハーサルを重ねていきます。その過程で成長を続けステップアップし、皆様の客席からの熱い温かい応援の拍手に励まされ、貴重な経験となりました。
またこれから次の公演に向けて、しっかりと準備してまいりますので、これまで同様、どうぞよろしくお願いいたします。
 
   
 

●2日間のジュニアフェスティヴァル 無事終了(H30.3.30)

 2018.3.27&28 神戸文化 中ホール

貞松・浜田ジュニアバレエ団 ジュニアフェスティヴァル 皆様のお陰をもちまして、無事終了しました。

ジュニアバレエ団中学1年生から高校3年生まで87名が日常のお稽古の成果を発揮し、未熟ながらも踊る喜びにあふれたエネルギッシュな踊りを披露しました。
成長期の大切な時期に、お互いを高め合い、汗を流しお稽古に費やした時間はとても貴重な宝物となったことでしょう。
この経験を生かし、また次のステップへと進んでゆきます。
応援して下さった皆様、日頃より温かく見守って下さる保護者の皆様、本当にありがとうございました。
 
   
 

●2018 洋舞スプリングコンサート
 
兵庫県洋舞家協会研修部会の企画進行による2018洋舞スプリングコンサート≠ェ3月4日(日)に新神戸オリエンタル劇場にて催されました。
この公演はコンテンポラリーとの出会い≠ニ称され、お客様にコンテンポラリーを身近に感じてもらいたいという意図と、若い人達が創作する場を持つ機会になればと願い毎年春に催されております。

当バレエ団も毎年参加させて頂いておりますが、今年は昨年に引き続き団員の池田光希が創作したVOICE≠発表させていただきました。
そしてsAtsuki Balletとして参加した瀬島五月がWhat I pray for≠ナ鎮魂の思いをソロで踊りました。
10団体からの作品があり、それぞれの個性あふれる創作作品が発表されました。
この催しをご覧になった皆様がコンテンポラリーに興味を持って頂き、毎年の春の楽しみな催しの一つとして定着します様にと願っています。

 
   
 

●新年のご挨拶

謹んで新年のお慶びを申し上げます・
今年も旧年同様よろしくお願い申し上げます。
本年が皆様方にとりまして平安で 幸多き年となりますようにお祈り申し上げます。

2018

 
 

●平成29年度 文化庁芸術祭優秀賞受賞

この度、当バレエ団が10月28日に神戸文化中ホールでおこないました「創作リサイタル29」の公演が、平成29年度文化庁芸術祭優秀賞を受賞させていただくことになりました。

これまでの受賞も、今回の受賞も、長きにわたる皆様方の温かいご支援、ご声援の賜物でございます。
心からの感謝と御礼を申し上げます!

年の瀬の締めくくりとして皆様に良い報告をお届けすることが出来て、とても嬉しく思っております。
本当にありがとうございました。 感謝!

 
  受賞理由として、
果敢に新作に挑戦した見応えある舞台。踊り手の個性を自然に引き出したコーラ・ボス・ク ルーセ振付「ENSŌ」、クラシック技術を活かしドラマティックに仕上げた貞松正一郎振付 「Far and Away〜遥か遠くへ」、人間の内面に深く切り込んだ森優貴振付「死の島 Die Toteninsel」、実力派女性達が踊ったイリ・キリアン振付「Falling Angels」。ダンサーとしても 秀逸な堤悠輔のプロデュース力も評価したい。