貞松・浜田バレエ団/バレエ学校 貞松・浜田バレエ団/バレエ学校
 







子供バレエ教室


その他SHB情報はこちら




最新情報
     
   
  ●プリマヴェラ 〜春

4月7日(土)兵庫県立芸術文化センター中ホールにてほぼ満席に近いたくさんのお客様にご来場いただき、無事終えることができました。
本当にありがとうございました。
2年に1度のこの公演は、全幕公演とはまた違ったバレエの魅力、楽しさ、更に団員の個性が光るプログラムとなっており、本番へ向けてそれぞれが作品を理解し、深めながらリハーサルを重ねていきます。その過程で成長を続けステップアップし、皆様の客席からの熱い温かい応援の拍手に励まされ、貴重な経験となりました。
またこれから次の公演に向けて、しっかりと準備してまいりますので、これまで同様、どうぞよろしくお願いいたします。
 
   
 

●2日間のジュニアフェスティヴァル 無事終了

 2018.3.27&28 神戸文化 中ホール

貞松・浜田ジュニアバレエ団 ジュニアフェスティヴァル 皆様のお陰をもちまして、無事終了しました。

ジュニアバレエ団中学1年生から高校3年生まで87名が日常のお稽古の成果を発揮し、未熟ながらも踊る喜びにあふれたエネルギッシュな踊りを披露しました。
成長期の大切な時期に、お互いを高め合い、汗を流しお稽古に費やした時間はとても貴重な宝物となったことでしょう。
この経験を生かし、また次のステップへと進んでゆきます。
応援して下さった皆様、日頃より温かく見守って下さる保護者の皆様、本当にありがとうございました。
 
   
 

●2018 洋舞スプリングコンサート
 
兵庫県洋舞家協会研修部会の企画進行による2018洋舞スプリングコンサート≠ェ3月4日(日)に新神戸オリエンタル劇場にて催されました。
この公演はコンテンポラリーとの出会い≠ニ称され、お客様にコンテンポラリーを身近に感じてもらいたいという意図と、若い人達が創作する場を持つ機会になればと願い毎年春に催されております。

当バレエ団も毎年参加させて頂いておりますが、今年は昨年に引き続き団員の池田光希が創作したVOICE≠発表させていただきました。
そしてsAtsuki Balletとして参加した瀬島五月がWhat I pray for≠ナ鎮魂の思いをソロで踊りました。
10団体からの作品があり、それぞれの個性あふれる創作作品が発表されました。
この催しをご覧になった皆様がコンテンポラリーに興味を持って頂き、毎年の春の楽しみな催しの一つとして定着します様にと願っています。

 
   
 

●新年のご挨拶

謹んで新年のお慶びを申し上げます・
今年も旧年同様よろしくお願い申し上げます。
本年が皆様方にとりまして平安で 幸多き年となりますようにお祈り申し上げます。

2018

 
 

●平成29年度 文化庁芸術祭優秀賞受賞

この度、当バレエ団が10月28日に神戸文化中ホールでおこないました「創作リサイタル29」の公演が、平成29年度文化庁芸術祭優秀賞を受賞させていただくことになりました。

これまでの受賞も、今回の受賞も、長きにわたる皆様方の温かいご支援、ご声援の賜物でございます。
心からの感謝と御礼を申し上げます!

年の瀬の締めくくりとして皆様に良い報告をお届けすることが出来て、とても嬉しく思っております。
本当にありがとうございました。 感謝!

 
  受賞理由として、
果敢に新作に挑戦した見応えある舞台。踊り手の個性を自然に引き出したコーラ・ボス・ク ルーセ振付「ENSŌ」、クラシック技術を活かしドラマティックに仕上げた貞松正一郎振付 「Far and Away〜遥か遠くへ」、人間の内面に深く切り込んだ森優貴振付「死の島 Die Toteninsel」、実力派女性達が踊ったイリ・キリアン振付「Falling Angels」。ダンサーとしても 秀逸な堤悠輔のプロデュース力も評価したい。
 
 

●神戸市民文化振興財団・文化ホールとの共催で今年20周年を迎えた「くるみ割り人形」

12月16日(土)&17日(日)の2日間 2ヴァージョンの「くるみ割り人形」全2幕。
たくさんの方々の支えをいただいて無事終えることが出来ました。

両日共ほぼ満席のお客様からの熱い、温かい応援の拍手に出演者一同大きな励ましを受け、たくさんの方から「来年また来ます」とのアンケートに大変力づけられております。

神戸のクリスマス風物詩として20年間、皆様に親しまれ、支えられて続けてこられましたが、私たちバレエ団も、この「くるみ割り人形」でチャレンジを重ね、成長させていただき、育てていただき、今があるのだと思っています。

皆様のご支援を心より深く感謝申し上げます。今年も一年、本当にありがとうざいました。
来年も変わりませずどうぞよろしくお願い申し上げます。
皆様方のご健康とご多幸を願い、来る年が平安な年となりますように祈念いたします。


 
 

●「創作リサイタル29」
10月28日 神戸文化中ホール


・イリ・キリアン 振付 「Falling Angels」
・森優貴 振付「死の島 - Die Toteninsel」
・コーラ・ボス・クルーセ 振付「ENSO」
・貞松正一郎 振付「Far and Away〜遥か遠くへ」


4作品のプログラム公演、みなさまの温かいご支援により、無事盛会裡に終えることができました。

新しい作品との出会い、古典作品とは違った創造的な舞台を通して、バレエ団員ひとりひとりが貴重な経験を積み、成長することができました。

「ジゼル」公演に引き続き、ご覧いただきました皆様、スタッフの皆様、関係者の皆様に心より感謝申し上げます。
 
 

●9月30日 神戸文化ホール ジゼルー全2幕ー 公演
文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)
無事 終了しました。


ロマンティックバレエの最高峰として今も世界中の人々に愛され続けている、名作「ジゼル」バレエ団初演以来6度目の上演となりました。
ジゼル 川楓ヨ゚、アルブレヒト 塚本士朗、ミルタ 廣岡奈美、ヒラリオン 武藤天華をはじめ、出演者全員が自分の役に生き、江原功氏指揮によるびわ湖の風オーケストラの情感あふれる音楽の中、大成功に終えましたことを報告致します。
いつも舞台を支えて下さる仲間、スタッフの皆さん、応援して下さる皆様、心より感謝致します!


 
 

秋の公演に向けて多忙なスケジュールの中、コンクールに挑戦!!
日々の練習の成果を発揮することができ、輝かしい結果を残すことができました。

 
  ●第14回北九州&アジア全国洋舞コンクール 結果
(8/17〜20 北九州芸術劇場)

バレエシニア 第1位 名村 空
       第3位 塚本 士朗

 
 
●第27回全国バレエコンクール in Nagoya 結果
(8/23〜27 名古屋市芸術創造センター)

シニア女子 第1位 宮本 萌

 
 

●アーティスティックバレエガラ 2017
 大阪 8月11日、兵庫 8月19日


ロイヤルバレエ団、ノルウェー国立バレエ団、ウィーン国立バレエ団など海外で活躍するダンサーを招聘し、その国、そのバレエ団ならではの踊りを披露するガラコンサートに、当バレエ団より瀬島五月、アンドリューエルフィンストンが招聘され出演しました。

また、オーディションで選抜され、ジュニアバレエ団より山野井萌、井上ひなたの2人もコールドバレエとして出演しました。

公演では、瀬島、アンドリューは、山本康介氏振付新作「Le jardin suspendu」(両日)、「ライモンダ」第一幕よりグランパ(8/19のみ)、と2人の新しい一面をみせる作品を披露しました。

またジュニア生2人も、ソロやデュオに抜擢されるなど、プロのダンサーに囲まれ緊張の中、たくさんの事を学び成長しました。

 
 

●第10回ザ・バレコン大阪

第10回ザ・バレコン大阪(7/24〜7/27 大阪メルパルクホール)に出場したバレエ学園生徒、バレエ団員の中から、男性3名が受賞しました。
 
 


  MJ部門 第1位 深水 明日来(写真中央)
       第3位 和田 匠平 (同・右)

  YM部門 第2位 小森 慶介 (同・左)


 
 

●全国合同バレエの夕べ
8月1日に行われました、
日本バレエ協会主催 平成29年度全国合同バレエの夕べ(新国立劇場オペラパレス)
「卒業舞踏会」フェッテ競争の女学生 川 麻衣 出演
 
   
 日本バレエ協会会長 岡本佳津子先生と
 (右・貞松融 左・川楓ヨ゚)


   
 

●巡回公演のご報告

平成29年度文化芸術による子供の育成事業 - 巡回学校公演事業 -
12公演 大成功のうちに全て終了しました。(6/1〜6/23)

長崎県 壱岐市 柳田小学校
        志原小学校
    長崎市 川棚町 川棚特別支援学校
        野母崎中・小学校
福岡県 嘉麻市 牛隈小学校
    北九州市 港が丘小学校
熊本県 山鹿市 鹿北小学校
    人吉市 人吉西小学校
    八代市 千丁小学校
    上天草市 阿村小学校
    あさぎり町 岡原小学校
    八代市 鏡西部小学校

今年度は九州地方での公演、5月に行ったワークショップから始まり、12校の
学校公演。どの学校でも、先生方、生徒の皆さん、地方の方々が温かく
迎えて下さり、熱心に鑑賞して下さり、そして生徒の皆さんとの共演もあり、
本当に貴重な経験と想い出に残るすばらしい時間を共有することができました。 
4年目となりましたこの公演事業、1つ1つの公演をバレエ団員ひとりひとりが
大切にして、バレエ芸術を多くの皆様に観ていただけることに喜びを感じ、
日常のレッスンに励んでまいります。



●第30回 こうべ全国洋舞コンクール

5/4(木)〜7(日)ゴールデンウィーク4日間に開催された、こうべ全国洋舞コンクール。
今年で第30回目となりました。
 過去にこのコンクールで輝かしい受賞を果たしたバレエ団員、学園生も数多く、年々レベルの高くなるコンクールですが、今回も8名が入賞というとても嬉しい結果に終わりました。

 
   出場者は約1分〜3分の短い時間、舞台で輝く為に自分と向き合い、くり返し、くり返し、練習を重ね、本番では実力を発揮できた人も出来なかった人も、その過程がとても意味のある貴重な経験だったと思います。この経験を生かし、日々のレッスンを大切に次へとつなげていきます。

■クラシック
女性 Jr1部 敢闘賞 井上ひなた
男性 Jr1部 第2位 小森 慶介
女性 Sr   第2位 上山 榛名
女性 Sr   奨励賞 名村 空

■モダン   
Jr部     奨励賞 和田 匠平
Sr部     第5位 大門 智
Sr部     第6位 川普@麻衣
Sr部     敢闘賞 竹中 優花



 
 

●ユースアメリカグランプリ

ユースアメリカグランプリ、日本予選を通過しました2人、岩崎達、小森慶介が、ニューヨークファイナルに挑み、岩崎達が超難関を突破して決勝に進出しました!

同じ志を持ったダンサー達と、言葉の壁を超え、切磋琢磨しながら、踊りあい、お互いを認め励まし合い、密度の濃い時間を過ごして来たようです!
受賞はなりませんでしたが、2人とも秋からの留学、スカラーシップが決定しております!2人のこれからの成長をご期待下さい!

決勝に進出した岩崎達の感想です。
「NYファイナルに出れただけでも衝撃だったのですが、そこで決戦まで残れてリンカーンセンターで踊れるなんて自分でもしばらく実感湧かなかったです。ちゃんと踊れるか凄い不安でしたがとりあえず楽しんで踊ろうと思って、精一杯その瞬間を味わえたと思います!グランデフィレの練習も長くてしんどかったりしましたが、周りのスタイルのいい人たちとのレッスンも大変刺激になりとても良い経験ができたと思います。」